倉庫作りの工程

1. 工事着工前
工事着工前
鉄骨造の場合は敷地一杯に建築されることが多く、また、掘削深さも深いので、周囲の構造物等の状況を把握し対処しておく必要があります。

2. 鋤取り(すきとり)
鋤取り
掘削範囲を丁張(遣り方)を設置して高さ・位置だしの基準をしっかりおさえ、セオドライトや光波測量器等を使って後の工事の位置を出していきます。

3. 砕石敷き
砕石敷き
奥から順番に掘削し、砕石敷きを行います。
砕石厚が確保されているか確認しながら敷き均した砕石を良く締め固めていきます。

4. 鉄筋組み立て
鉄筋組り
墨にあわせて鉄筋を組み立てていきます。
地中梁主筋には太径の鉄筋が使われます。

5. 基礎コンクリート打設
コンクリート打設
奥から順番に掘削し、砕石敷きを行います。
砕石厚が確保されているか確認しながら敷き均した砕石を良く締め固めていきます。

6. 本体組上げ
骨組み
ラフタークレーンを使用し、重量鉄骨を組み上げていきます。

7. 屋根張り
屋根張り
屋根張り作業は高所での作業となるため、足場を使用し安全帯・安全帽の着用をして安全対策を行います。

8. 完成
完成
壁やシャッターを取り付けて完成となります。