住まいに、暮らしに彩りを与える

HOME > 建築確認申請

建築確認申請

建築確認申請とは、建物を建築する場合に、その計画が建築基準法等に適合するものかどうか、建築確認窓口の確認を受けるために申請をすることです。

建物の新築、10m2を超えるとき又は、増改築・移転するとき(防火、準防火地域以外の地域では、その部分が10m2を超えるとき)大規模な修繕・模様替え、及び100m2を超える用途変更の場合は、建築主はあらかじめ、その計画が建物の敷地、構造、設備、用途などが法律に違反していないかのチェックを受けるために建築確認窓口に申請し、その確認を受けなければなりません。

申請書を提出するのは、都道府県または市区町村の建築窓口のほか、民間機関である指定確認検査機関です。

申請書類としては、建築確認申請書のほか、建築計画概要書および設計図を正・副2通そろえて提出します。

申請書が提出されると、市区町村の建築課や都市計画課などで審査し、適格であれば確認通知として副本が申請者に戻されます この時点ではじめて工事に着手してよいことになります この副本は、建物の着工や保存登記あるいは増築などを行うときに必要となりますので、保存しなければなりません。

確認申請の流れ

▲ページの上部へ